買い替えと不動産売却を助けるつなぎ融資 | 不動産売却を考えはじめたら見るサイト | 不動産高額売却口コミナビ!

alt_02

買い替えと不動産売却を助けるつなぎ融資

不動産売却と同時に買い替えを行う場合に、先に住み替え先を購入するとなると資金繰りに頭を悩ませます。先に新居を購入してから家を売却するならつなぎ融資を受けるという方法で悩みを解決するのも良いでしょう。

つなぎ融資の不動産売却のメリット

住んでいるところを売却する時は、新たに住居を買い替えするという人も少なくありません。今の住居を先に売却してから新居を購入するのか、新居を先に購入してから空き家にした住居を売るのかと迷います。しかし、先に物件を購入すると不動産売却代金をあてにできず資金難になってしまいます。もちろん、不動産売却においても、住みながらの売却よりその方が売れやすいということもあります。悩んでいた人の中には、資金難を、今の住居の売却予想額の7から8割程度をつなぎ融資として金融機関から借りるという方法でスムーズに買い替えと自宅の売却を行うことができたという人も多いです。

有利な不動産売却のつなぎ融資と借金

買い替えのための資金がある人は先に購入を済ませてから住んでいた家を綺麗にして魅力的な物件としてアピールすることも可能です。見学する人にとっての印象も優れているでしょう。しかし、資金を新しい物件の頭金など様々に発生する費用に使った後には2件分のローンを払い続けることになる人も珍しくありません。それを避けるため、あるいは資金がないため、仮住まいをして売却を待つという人もいます。2重ローンは大きな負担ですし、仮住まいの費用は無駄な費用と言えます。どちらもスムーズな不動産売却のためとはいえ、負担が非常に大きいと言えます。

つなぎ融資を受けるために有利な不動産会社

注文住宅のつなぎ融資とは異なり、いつ売れるかの目処が明確でない物件に買い替えのつなぎ融資をする時は、不動産会社の買取保証とセットになっていることを条件とする金融機関が一般的です。売れやすい物件であればそれでも良いでしょう。しかし、融資額など有利に借りたい場合は、メガバンクとパイプを結んでいる大手不動産会社を利用することです。融資限度額も高く、金利も安くなります。それは、売れにくい物件でない限りは不動産会社の売却力に対する信頼もできていると言えます。不動産売却と買い替えを相談する意義は十分にあるでしょう。

まとめ

不動産売却のつなぎ融資のメリットは売りやすい物件であればこそです。売りやすい良い物件を持っているのであれば、金融機関がバックアップする大手不動産会社利用でつなぎ融資による買い替えの検討も良いでしょう。

オススメ記事

イエウール

転勤などで現在の持ち家が不要になった時、ぜひ無料査定を利用してみてはいかがでしょうか。引っ越し準備もある中で時間を節約しつつ、査定金額の比較ができます。「イエウール」のサイトから無料査定を申し込むと、60秒の入力で最大6社の査定が無料でゲットできます。

マンション.navi

マンションを手放す時、自分で数社の不動産屋を回って見積もりを集めるのは骨が折れることでしょう。ぜひ「マンション.navi」で無料査定を試してみてください。45秒の簡単入力で、住んでいる地域で査定可能な業者を探し出し、査定金額を知ることができます。

TOP