不動産を売却する時に注意しておく点 | 不動産売却を考えはじめたら見るサイト | 不動産高額売却口コミナビ!

alt_02

不動産を売却する時に注意しておく点

家や土地は高額で資産になりますが、手放すのは決断と慎重な判断が必要です。不景気が長く続き、買うよりも売るほうが難しくなってしまった近年では、自分の希望する価格で売れたらラッキーでしょう。不動産売却を考えるときに、知っておくべき注意点に注目しましょう。

物件の特徴を知っておくことが大切

不動産売却の対象の家や土地は、商品として市場に流通するわけですから、売主としては自分の商品について理解が不可欠です。できれば不動産会社任せにせず、自分でも物件の特徴を知っておくと役に立ちます。物件の実状と登記内容は異なることがあります。 特に多いのは土地の地積で、地積が異なれば当然に境界も異なってくるため、そのまま売るとほぼ確実にトラブル含みです。明らかに現況と違いがないかをあらかじめ知っておくことも大切です。そして、建築物の法律である建築基準法は、歴史的に何度も改正が行われており、その度に建築基準も変わっていきます。現行基準を適用すると建てられない土地、以前より小さな建物しか建てられないケースもあります。自分の土地が現行法でどのような扱いになるか、売る前に確認しておくと良いでしょう。

やはり気になるのは売却されるときの価格です

家や土地を売るときに一番気になるのは、やはり売却価格です。最低でもローンが払える価格で売りたい、できればそれにプラスしたいというのは、売主なら誰でも思うことですが、現実はそれほど甘くはありません。査定価格は売却を保証する価格ではないので、勘違いしないようにしましょう。本当に売れそうな価格なら、相場的な価格になって市場の反応もあるのですが、営業的な価格に引っかかると、高すぎて反応がなく売れ残ることも珍しくありません。土地は地価の変動がなければ、それほど価格が変わることはなくても、家には経年劣化があるため、売るのが遅いほど安くなります。普通に考える高くとは、家や土地の持つ価値よりも高い価格で売れて、いわゆる儲かることを意味します。非常に人気でもない限りあまりないケースです。

不動さん売却にかかる費用はどれくらいか

買主が支払う不動産売却代金は、当然に売主の収入になるものですが、売却には費用がかかり、残るお金は減ります。注意点としては、収支の把握が必要になってきます。 費用で大きいのは仲介手数料で、その他にもケースに応じて費用がかかってきます。仲介手数料は決まっています。売却価格が400万円を超える場合を数式で表すと仲介手数料=売却価格×3%+6万円(消費税別)となります。家や土地を売るときの税金は、売却益が出ると高い税率で課税されるので、売却価格次第で大きく変わります。他の税金は、費用全体としては小さいもので、気にするほどではないでしょう。

まとめ

家や土地は、買うときにも費用や税金がかかり、売るときにも費用や税金がかかるので、物件の価格以上にお金がかかります。注意点としては金額が大きいだけに慎重にすることです。費用の問題以外にも、査定から不動産会社の選定、法律的な問題、契約関係の決まりごとなど、覚えておきたい知識はとても多いです。トラブルに巻き込まれないように自分でも知識を蓄えておきましょう。

オススメ記事

イエウール

転勤などで現在の持ち家が不要になった時、ぜひ無料査定を利用してみてはいかがでしょうか。引っ越し準備もある中で時間を節約しつつ、査定金額の比較ができます。「イエウール」のサイトから無料査定を申し込むと、60秒の入力で最大6社の査定が無料でゲットできます。

マンション.navi

マンションを手放す時、自分で数社の不動産屋を回って見積もりを集めるのは骨が折れることでしょう。ぜひ「マンション.navi」で無料査定を試してみてください。45秒の簡単入力で、住んでいる地域で査定可能な業者を探し出し、査定金額を知ることができます。

TOP