賢く売るには特別控除を知っておくといいでしょう | 不動産売却を考えはじめたら見るサイト | 不動産高額売却口コミナビ!

alt_02

賢く売るには特別控除を知っておくといいでしょう

不動産売却において、ややこしい所得税の問題はどうなってるのと不思議に思うところですが売った土地や建物の所有期間が売った年から数えて5年を超えるかどうかにより適用する税率が異なる事をご存知でしょうか。ここでは適用する税率が異なることでどのような影響があるかをしっかり理解し、より納得のいく額で売却できることをお勧めします。

土地にかかる消費税は発生しません

お金がかかるものには消費税がかかると思いがちですが土地というもの自体に消費税がかかることはないのです。実際土地に建物が建っていても建っていなくても条件は変わりません。土地というものは建物のように消費したりするものではないという考えの為であるからです。逆に土地の上に立っている物件は課税対象に当たります。なかなか難しいかもしれませんが簡単に土地はかからないもので物件はかかるものと覚えておくことがいいでしょう。しかしながら物件の購入者が個人であるか法人であるかで課税対象が変わってくるので注意が必要です。

所得税はどのようにして算出されているのか

所得税とひとくくりにしがいがちですが、家を売る場合での所得税は売った後の利益から考えることになります。実際に購入する際にかかったお金や不動産業者への仲介手数料などといった費用をいい売ってから5年を境に長期譲渡所得と短期譲渡所得に振り分けられます。売却した日を1月1日と基準とする地点として決められるため所有年数が5年経っているか経っていないかで大きくかかる税金が変わってくる為、この境界を知らず5年以上で売ってしまうと15パーセントという大きな損も出てくるのです。できれば余計なお金は払いたくないものですよね。

特別控除を知っておくと得になります

親戚や知り合いなどの関係でどうしても相場より安くといったケースもあり逆に払わなければいけない所得税が多くかかってくるパターンもあります。実際の取引額が少ないにもかかわらず時価相当の所得税がかかってきます。しかし住居用として住んでいた物件の売却で所得がプラスになると3000万円までなら所得税が免除されます。これにはいくつかの条件があり、所有者が自ら住んでいた居住地であることや売る相手が親戚などではないこと、売却をおこなった同じ年に住宅ローン控除を受けていないなどのさまざまな条件にクリアする必要があります。

まとめ

不動産売却で売った後に大きくかかってくる所得税も特別控除を知っておくことで節税することができ、なるべく損のないような売却が望めます。売る際だけの金額だけを考えず、その後の対処もしっかり見極めることでより納得のいく不動産売却ができると言えるでしょう。

オススメ記事

イエウール

転勤などで現在の持ち家が不要になった時、ぜひ無料査定を利用してみてはいかがでしょうか。引っ越し準備もある中で時間を節約しつつ、査定金額の比較ができます。「イエウール」のサイトから無料査定を申し込むと、60秒の入力で最大6社の査定が無料でゲットできます。

マンション.navi

マンションを手放す時、自分で数社の不動産屋を回って見積もりを集めるのは骨が折れることでしょう。ぜひ「マンション.navi」で無料査定を試してみてください。45秒の簡単入力で、住んでいる地域で査定可能な業者を探し出し、査定金額を知ることができます。

TOP