色々調べてから不動産売却に臨もう | 不動産売却を考えはじめたら見るサイト | 不動産高額売却口コミナビ!

alt_02

色々調べてから不動産売却に臨もう

引越しやそのほかで不動産売却を行う時は、予め色々調べてから不動産会社に訪れることがおすすめです。不動産を売る前にチェックしておくと良い情報は沢山ありますから、ここではそのポイントをお届けしていきます。

まずは売却不動産の価格を知ろう

不動産を売る場合、売却価格は特に気になる部分です。そこで、まずは同じエリアの不動産の価格をチェックすると良いでしょう。物件や不動産会社によって価格は異なりますが、概ねの価格帯を把握できます。そして、不動産の一括見積もりサイトを利用することも重要です。そこでは複数の不動産会社へ一斉に査定の依頼ができますから、能率的に査定価格の情報が集められます。数々の不動産会社に見積もってもらうことで、同じ売却物件でも様々な査定価格に出会えます。優れた利用価値がありますから、できるだけ高く売りたい時は最初に利用しておくと良いWebサービスです。

不動産売却の媒介契約には3つの方法がある

不動産の売り方には、不動産会社に仲介してもらう方法と、不動産会社に買取ってもらう方法があります。高く売れる望みがあるのは仲介方式ですから、適宜検討してみると良いでしょう。そして、この売り方には一般媒介契約と専任媒介契約、ならびに専属専任媒介契約という3つの方法があります。何れも内容や条件が異なりますので、しっかり選ぶことが肝心です。まず一般媒介契約ですが、この契約方法では色々な不動産会社と媒介契約ができます。ですから仲介をお願いしたい業者が複数ある時は、最適な契約方法です。ただし不動産会社側にとりましては、他社で売却が確定する恐れがあるため、販売活動が控えめになる傾向もあります。

積極的な販売活動を希望するなら

そこで、不動産会社に積極的な販売活動を行って欲しい場合は、専任媒介契約や専属専任媒介契約で依頼することが得策です。この2つは、どちらも契約できるのは一社のみになります。不動産会社としても他社に利益を奪われる恐れもなく、安心して販売活動に力が注げるようになります。とは言え、この2つにも若干の違いがあります。専任媒介契約なら契約者本人が買い手を見付けた場合、当事者同士で不動産売却を行えますが、専属専任媒介契約では、契約者本人が買い手を見付けた場合でも、契約している不動産会社を通さずに売ることができない仕組みなっています。不動産会社にとりましては、専属専任媒介契約が最も利益を確定できるため、そのぶん販売活動にも一番尽力してくれる契約方法になります。

まとめ

不動産を売る時は同エリア内の物件価格を調べたり、一括見積もりサイトなどを使い、数多くの情報を予め入手することが重要です。そして、仲介で売る場合は3つの媒介契約方法があるため、適切な契約方法を確定して依頼しましょう。

オススメ記事

イエウール

転勤などで現在の持ち家が不要になった時、ぜひ無料査定を利用してみてはいかがでしょうか。引っ越し準備もある中で時間を節約しつつ、査定金額の比較ができます。「イエウール」のサイトから無料査定を申し込むと、60秒の入力で最大6社の査定が無料でゲットできます。

マンション.navi

マンションを手放す時、自分で数社の不動産屋を回って見積もりを集めるのは骨が折れることでしょう。ぜひ「マンション.navi」で無料査定を試してみてください。45秒の簡単入力で、住んでいる地域で査定可能な業者を探し出し、査定金額を知ることができます。

TOP