不動産売却にかかる税金の概要と対策 | 不動産売却を考えはじめたら見るサイト | 不動産高額売却口コミナビ!

alt_02

不動産売却にかかる税金の概要と対策

不動産を購入する場合は様々な経費がかかります。同様に、不動産売却についても経費が発生します。不動産会社への仲介手数料はもちろんですが、税金もかかります。不動産の種類や面積、保有している期間の長短などによって税額が変わりますので、売却を考えている場合は、その段階で税額について把握しておく必要があります。

不動産を譲渡した時に生じる税金

不動産売却により利益が発生した場合、その利益に対して譲渡所得として国税である所得税、地方税である住民税が課税されます。これら譲渡所得に対して課税される税金は、事業所得や給与所得とは別に計算することになっていますので、分離課税と呼ばれています。譲渡所得は、不動産を売却した価格から、売却した不動産の取得に要した費用に売却費用を加算した額を控除することにより算出されます。なお、取得費用に関しては、所有期間中の減価償却がなされていなければなりません。また、不動産が居住目的であれば、譲渡所得から特別控除を受けることができます。

不動産の所有期間によって異なる税率

不動産を売却した場合に課税される所得税や住民税は、譲渡する時点における売却不動産の所有期間によって異なります。所有期間が5年以上である場合は長期譲渡所得、5年未満であるならば短期譲渡所得となり、税率も異なります。長期譲渡所得である方が、低い税率が適用されますが、所有期間の計算についての注意が必要です。不動産の所有期間は、不動産を購入した日から当該不動産を売却譲渡した年の1月1日までとなります。すなわち、購入してから1月1日を何回経過したかで計算することになります。これを間違ってしまうと、高い税金を納めるハメになりますので、不動産を売却する予定がある場合は確認する必要があります。

不動産譲渡取得税に関する特例、軽減措置

一方で、不動産譲渡における所得税や住民税については、当該不動産の種類や面積、築年数などによっても異なります。例えば、所有期間が10年超の居住用財産を売却した場合の軽減税率の特例や特定の居住用財産を売却した場合の買い替えの特例、マイホームを買換えた場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例など、様々な特例措置や軽減措置が定められています。また、結果的に、購入した時よりも安い金額でしか売却できなかった場合、すなわち損失が出る場合も場合もあります。この場合は、譲渡して得られた金額に対して税金は課税されないことになります。

まとめ

一般のサラリーマンが不動産を取得し、あるいは売却する機会はめったにありません。例えば、マイホームを取得したり、あるいは相続した不動産を処分するような場合が考えられます。このため、税金に対する知識がほとんど持ち合わせていませんので、専門家である税理士などに相談する方が賢明【です。

オススメ記事

イエウール

転勤などで現在の持ち家が不要になった時、ぜひ無料査定を利用してみてはいかがでしょうか。引っ越し準備もある中で時間を節約しつつ、査定金額の比較ができます。「イエウール」のサイトから無料査定を申し込むと、60秒の入力で最大6社の査定が無料でゲットできます。

マンション.navi

マンションを手放す時、自分で数社の不動産屋を回って見積もりを集めるのは骨が折れることでしょう。ぜひ「マンション.navi」で無料査定を試してみてください。45秒の簡単入力で、住んでいる地域で査定可能な業者を探し出し、査定金額を知ることができます。

TOP